帽子や日傘で紫外線対策

帽子や日傘で紫外線対策

暑い日が続いてますね〜。単に暑いだけならまだ良いんですが、暑いという事はそれなりに紫外線も強いわけで。暑い上に日に焼けてしまうなんて、そんな悪い環境下にわざわざ出るの嫌ですよね(笑)でも、そんな事言ってられないのが主婦です。

 

ご飯の買い物に行かなくてはいけないし、子ども達を遊びに連れていかなければいけない。パートなどで働いている人は、仕事に行くのに必ず外に出なければいけないですよね。

 

家の中で仕事をしているならばともかくです。必ず外に出なければいけないのならば、外に出た時の紫外線対策をバッチリとしなければいけません。昔は全く気にもせずに、外に出ていたんですけどね。

 

気にしなかった代償が今肌に表れているので、もうこれ以上後悔しない為にも対策をバッチリしようと心に決めています。紫外線を直接肌に浴びないようにする事がまず大事ですかね。

 

例えばつばの広い帽子をかぶる。つばが広めなのがポイントですよ。つばがない帽子や狭い帽子だと、頭皮や髪の毛は守れても顔の肌は守れませんから。つばが広いと帽子の影ができて、顔には直接日光が当たらなくなります。

 

UVカット加工などがしてあると、なおさら心強いですよね。UVカット加工といえば日傘も有効です。日傘の方が大きいので、顔だけじゃなく腕や肩に当たるのも避けられるので良いですよね。