活性酸素

活性酸素

紫外線ってシミができるという事だけじゃなく、もっと色んな悪影響があるんですよね。美白を意識している私にとっては一番はシミなんですけど、それ以外の影響も話を聞いているととても恐ろしくなるものばかりです。

 

例えば活性酸素の話。活性酸素って美容とか健康の面でよく聞く言葉なんですけど、何となく「酸素」がついている事で良いものだとばかり思っていました。

 

ですがこの活性酸素、増え過ぎると良くないみたいなんですね。細胞を酸化させて、細胞を損傷させてしまったりもするみたいです。肌の細胞も同じで、ターンオーバーが乱れて肌の角質がどんどんたまってしまったり、コラーゲンの生成が上手くいかなかったり、メラニンの量を間違えてしまってシミになりやすくなったり。とにかく全般的に良くないって感じですね。

 

肌だけでもこんなに悪影響がある活性酸素ですが、これが増えてしまう原因の一つが紫外線による影響なんだとか。紫外線を浴びた時に肌は紫外線から守ろうとしますが、その時に活性酸素が大量に発生してしまうんですって。

 

さらに、すでにある活性酸素までもが刺激されて強くなってしまうみたいです。美白の大敵、ラスボスのような存在ですね。まぁ良い点もあるようなのですが、やはり増え過ぎは良くない。

 

それを抗酸化作用で防いでくれるのがアントシアニンやカテキン、カロテンなんですって。早速ワインや緑茶を飲まなければ(笑)