UVカット加工

UVカット加工

今まですごい勘違いをしていたんですが、洋服を着ている部分、服を着ていて日光が直接当たっていない部分は日焼けをしないと思っていたんです。

 

それが、つい先日、服を着たまま長時間かなり日光の当たる部分で仕事をした日に、中に着ていた下着の形に日焼けをしていてビックリ。もちろんくっきりではなかったんですが、うっすらと下着の跡がわかるくらいでした。

 

下着姿で外に出た事はありませんので、紫外線が服を通して肌に浴びてしまったという事ですよね。これは本当にショックでした。洋服は繊維を編んで作ってあるものですよね。

 

その目が荒いものだったりすると、そこから紫外線が通ってしまうんですね。そう言われれば納得なんですが、焼けてしまう程に通ってしまうとは驚きです。

 

ニット素材とか、編み目が荒いタイプの物は要注意ですね。ここ数年、UVカット加工されている服などが盛んに売られていますが、どうせそんなに変わらないんでしょなんて思っていました。

 

ですが、今回のような事が起こる事を踏まえての商品だと思うので、きっと効果はちゃんとあるんですよね。洋服の色でも違うという風に人から聞きましたが、加工のタイプも出ているメーカーによって違うんでしょうね。

 

今後の事を考えて、せめて夏はしっかりとUVカット加工されている洋服を着ようと思っています。